利用目的でキャッシングの審査が有利になる!?

キャッシングでお金借りる際には利用目的が確認されることがあります。
この部分は個々人が自由に記入することができる部分となっているのですが、しかしキャッシングの審査に対して全く影響を与えないわけではありません。
ではどういった目的だと有利になるのかというと、基本的には「生活費」が無難なところと言えます。
生活費が不足してキャッシングを利用するということは不自然なことではありませんし、月に何十万円も借りなくてはならないなどの状況は考えづらいでしょう。
事業者側からすれば借り過ぎをある程度防ぐことができ、そして生活費目的であれば返済も間延びしないだろうという想定ができるわけです。
そのため生活費目的と言うことにしておけば、少なくとも審査において不利になるなどのことは無いと見て良いでしょう。
逆に審査に不利になってしまうのはどういった目的なのかというと、一番避けるべきなのは「ギャンブル」や「借金の返済」です。
まずギャンブルというのは言うまでも無く収支のバランスを無視した借り入れになってしまうリスクが存在していますし、借金の返済については「借金を借金で返す」という多重債務に陥るリスクに繋がります。
特に多重債務状態になった場合には「借金を返済するための借金をさらなる借金で返す」といった最悪のケースに繋がる恐れがありますから、ほとんどの業者は融資を断る傾向にあります。
もちろん審査に通過してしまえば後は自由に使えるというのも事実なのですが、キャッシングは最初に申告した利用目的になるべく沿った形で使うようにしましょう。

Comments are closed.